トップページ社長挨拶

当社は昭和33年、新潟県内でいち早く段ボール事業に着手して以来、段ボールと包装資材・包装機器の販売を通じ、社会の変化・お客様のご要望にお応えしながら、おかげさまで半世紀を迎える事が出来ました。これもひとえに多くのお客様にご愛顧賜りましたおかげと感謝申し上げます。

当社は創業以来、段ボール専業大手の潟gーモクとのパートナーシップのもと、段ボール加工分野に特化し、全国的にも屈指の製函設備を誇るに至りました。また、高品質な段ボール製品をお届けするためにISO9001による品質保証体制を整え、充実したソフトとハードで、お客様のニーズに素早く、的確にお応えすべく努力して参りました。今後も、徹底した合理化、省力化を進め、品質のさらなる向上とコストダウンを実現し、環境対応をはじめとした提案型の営業でお客様の包装の合理化のお役に立ちたいと考えております。

世界的に環境問題、循環型社会への対応が多くの企業に求められる時代となり、資源の有効な活用3R(リユース、リデュース、リサイクル)が叫ばれております。
環境に優しく、軽量で、強度があり、低コスト、リサイクルの優等生といわれる段ボールは、まさに環境問題を考えた上では無くてはならない包装資材の一つです。
環境にやさしい段ボール製品と包装資材・包装機器を通じ、お客様の大切な商品を消費者の皆様へ安全、確実にお届けするための包装の担い手として社会に貢献するため、これからも努力して参ります。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう御願い申し上げます。