トップページ藤屋段ボールの歩み

藤屋段ボールの歩みと、その当時の貴重な写真やエピソードをご紹介します。
写真をクリックしてください。

1922年(大正11年)4月

桐材業「藤屋商店」創業

1951年(昭和26年)3月

「株式会社藤屋商店」設立 代表取締役 藤 藤吉就任

1954年(昭和29年)

「株式会社トーモク」との出会い

1956年(昭和31年)

「段ボール」との出会い

1958年(昭和33年)9月

新潟市早川町に「段ボール工場」開設

1963年(昭和38年)9月

新潟市日の出町に「段ボール第二工場」開設

1968年(昭和43年)4月

「藤屋段ボール株式会社」へ商号変更

1968年(昭和43年)9月

豊栄市に「豊栄工場」開設

1976年(昭和51年)4月

JIS日本工業規格表示許可工場となる

1977年(昭和52年)2月

代表取締役社長 藤 正彦就任

1977年(昭和52年)10月

「豊栄工場」増改築

1989年(平成元年)5月

北蒲原郡聖籠町に「東港工場」開設

1993年(平成5年)4月

佐渡営業所開設

1995年(平成7年)3月

東港工場第二期工事完成

2000年(平成12年)6月

代表取締役社長 藤 一彦就任

2001年(平成13年)11月

本社所在地を東港工場に移転

2002年(平成14年)6月

ISO9001:2000「品質マネジメントシステム」審査登録

2006年(平成18年)3月

Cフルート(CF)設備導入 全種類の段ボールに対応

2008年(平成20年)9月

段ボール事業創業50周年

2010年(平成22年)8月

最新鋭製函機EVOL84導入

2012年(平成24年)9月

UVインクジェットプリンター導入